素人には扱いが難しい農機具|使っていないものは買取へ

シニア男性

ガーデニングに芝生は必須

砂利

ガーデニングに欠かせないのが芝生です。芝生の特徴は定期的な芝刈りが必要という点です。放置しておくと伸び放題になり芝生の魅力がなくなります。面積の広い芝生は芝刈り機を使うと便利です。手作業で芝刈りをする時は根元から三分の一あたりをカットするようにします。根元からカットすると枯れてしまいます。

More...

美しい庭づくり

芝の手入れ

芝生の手入れが楽に行なえるのは日本芝です。手入れとして芝刈りや水やり、除草などを行なっていきます。芝刈りは1台の芝刈り機で作業が終わるように芝庭の設計の段階で考えておきます。除草は土壌改良剤を使用することで楽になります。

More...

長期間維持するために

樹木

芝生の手入れは難しいものではありません。基本の水やりと除草作業、サッチングという作業を続ける事で、綺麗な芝生を維持出来ます。効率的な作業を行なうためには、電動芝刈り機や刈り込みハサミなど、専門の道具を揃える事が必要になります。作業を効率化して継続するようにしてください。

More...

定期的な除草で土地管理

トラクター

刈払機活用注意点

草刈りにお悩みの方は、これら除草作業を全て業者に依頼することをおすすめします。草刈りは単純に草を刈ればいいというものではありません。効率的な刈り方や草が生えにくくなる刈り方など、様々な方法があります。これらを素人が全て把握するのは大変です。そのため、できるだけ業者依頼した方が、スムーズに草刈りを進めていくことができるのです。

草の生え方の特徴

草刈りを行なう際に、一年を通して草の生え方の特徴を学んでおく事で草刈りを行ないやすくなります。春から夏にかけては、比較的背丈が低く柔らかい草が生えてきます。タンポポやつくし、スギナなどが一般的です。こうした背丈の低い草は柔らかいため手作業でも比較的簡単に除草を行なう事ができます。まずはこの時期にできるだけ綿密な草刈り作業を行なっておく事が大切になります。夏から秋にかけては、背丈が高く丈夫な草が生い茂るようになります。こうした草が生い茂るようになると、除草剤を多めに活用して防草対策を行ないます。除草剤を活用すると3日程度で枯れ始めて、1週間程度で草が完全に枯れるようになります。草の生え方の特徴を知って、作業を工夫しましょう。あるいは農機具を活用した作業を行う必要がでてきます。刈払機を活用すると手間はかかりますが作業当日に草刈りは終了し、綺麗になります。しかし素人が農機具を使用するのは難しく危険も伴います。そのためせっかく購入したものの使わずにしまったままという人もいるでしょう。使っていない草刈機は買取してもらうことができます。この機会に買取査定に出すとよいでしょう。このように、草刈りを自分でしようとすると、多くの事を把握しておく必要があります。忙しくてこれらを覚えるのが面倒だと感じている方は、できるだけ業者に依頼するといいでしょう。