素人には扱いが難しい農機具|使っていないものは買取へ

エクステリア

美しい庭づくり

芝の手入れ

日本芝が管理しやすい

芝生の手入れを簡単にするポイントは芝生選びになってきます。病気や害虫の被害を受けにくい、そして夏の高温の時でも強いなどこれらの条件に合っているのが日本芝です。西洋芝と比べて手がかからない点は、芝刈りの回数が少なくて済むこと、伸びが少ない分肥料やりが省けることがあります。また、真夏の水やりが比較的に楽な点があげられます。枯れたと思っても、休眠に入っていることが多い芝生なので、秋になればひと雨降るごとに緑がよみがえってきます。芝生の手入れの中で重要になってくるのが、夏場の水やりです。夏場は少しの面積でも十分な水やりをするには、非常に時間がかかってしまいます。最近はいろいろなスプリンクラーが販売されていますので、それを使用して水やりを行ないます。

芝刈りと除草

芝刈りは芝生の手入れの中でも、最も体力が必要になってくる作業になっています。芝生の形状が複雑になっていると、狭い場所には機械が入りません。そのため、手で刈るか小型の芝刈り機を使用しなければならなくなってしまいます。芝刈りにかかってしまう時間も多くかかってしまいます。ですから、直線的な芝庭にするとか、大きなカーブを描く芝庭などを中心にデザインに取り入ることが大切です。そうすることで、1台の機械ですべての芝生が刈れるように、設計しておくこができます。芝生の中に生えた草を取るのも、手入れの一つです。気温が高くなってからの除草は非常につらいものがありますので、除草剤を使用します。除草剤の一つに雑草の種子の発芽を抑える土壌処理剤が販売されていますので、これらを使用すると除草が楽になります。このような作業を自力で行なうのは大変だと感じる方は、業者に依頼することができます。芝生の手入れは時間がかかるので、依頼することで手間を掛けずに時間を有意義に使うことが可能です。